スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

5月, 2007 のアーカイブ

素敵なプレゼント

僕は母の日をすっかり勘違いしていて、今年は顔を見て「ありがとう!!」が言える・・・な~んて思っていたんだけど、よく考えたらPRツアーが終わりNYに帰る次の日が母の日だったんです。しかもそれに気付き急遽、僕の世界では昨日が母の日になりました。
 
昨日は昼過ぎに母とイタリアン・レストランでランチをし、その後買い物に行き「何かプレゼントするよ」って言ったら「じゃあねぇ~1万円超えてもいいの?」ときたんです。普通のお母さんだったら「気持ちだけで十分!!」って言うじゃないですかぁ。まして値段まで決めるなんて有り得ない!そうだったんだ・・・確か10数年前も一応気持ちだから聞くだけ聞いてみようと軽い気持ちで質問したらリクエストが返ってきたんだった。忘れてた・・・
 
結局、母には洋服を。そして入院しているおばあちゃんには退院する日に着てもらおうと少しだけファンシーなシャツを買い、病院に行きました。そしたらおばあちゃんの具合がまた悪くなっていて、背中を丸めてうずくまって「痛いよ、痛いよ」って苦しんでいて、可哀想で可哀想で見てられなかった。吐き気もあって母と交代で背中をさすっても痛みと吐き気が止まらず・・・なんでこんなに優しい人がこの歳になって苦しんでるの?綺麗を絵に描いたような心の持ち主なんですよ。「神様、起きてよ!!」って何度も心の中で言っていました。
 
2時間くらいして病院に行ったらまだ痛みが続いていた様で、無力な自分が情けなかった。母はまたずっと背中をさすってあげて、僕は少しの間立ちつくしたままになって・・・「なんでおばあちゃんが苦しい思いをしてるんだ!!おかしい・・・」って思って、おばあちゃんの背中に手をあてて、空気から、庭に生えてる木々から、壁からそして水道から、目に入った全ての物からパワーをもらう気持ちで、昔膝がまったく曲がらなくなってしまった時にお世話になった気功の先生の顔を思い出し「痛くなくなれ!!」って思っていた矢先、寝息が聞こえてきたんです。少しして「楽になってきたからもう帰っていいよ」って・・・「じゃ、ゆっくり眠ってね」って僕が言うと「おやすみ、公演を観に行くからね」って言ったんです。涙が出そうでした。
 
僕は15歳の時から親元を離れ生活してきて、しかもこの約10年間アメリカに行っていて、大人になってからはほとんど家族といなかったくせに、最近になってようやく自覚した事があります。僕はすっごく『おばあちゃんっこ』で『お母さんっこ』だったんですね。離れていたせいなのかな・・・?
 
今日は朝一でおばあちゃんに会いに行ったら、痛みも治まり顔色も良くなっていたので、そのまま朝のクラスをバーだけ受けて、先週まで通わせていただいていた『コンボイ』の通し稽古を観に行きました。僕が行っていた時からすでにパフォーマンス・レベルだったのに、ほんの少しの間でまた変わっていました。改めて舞台はリハの時から生きている、そしてメンバーの方達の努力を感じました。これは本番になったらどうなるんでしょうね。観たい!!でもちょうどトロカデロのPRツアーと日本公演の本番と重なっていて観れないんです。でも今日観る事が出来たので良かったです。メンバーのみなさん、怪我の無い様、千秋楽まで輝いてくださいね。僕も頑張ります。そして観に行かれる方、僕の分まで楽しんで来て下さいね。
 
その後、母からメールが来て「おばあちゃん、顔色がいいよ」って。行ってみると「また来てくれたん?」って笑顔で迎えてくれました。やっぱりおばあちゃんはニコニコ笑顔が似合います。僕の『な~んちゃって気功』も捨てたもんじゃないですねぇ~(笑)でもどうやら、具合が良くなってきて急にお粥をいつもより多めに食べてしまったのが原因だったみたいです。
 
明日からはいよいよPRツアーが始まります。僕は福岡、宮崎、鹿児島、東京を廻りNYに戻ります。今年もたくさんの人にトロカデロの舞台を観て「なんだか幸せ・・・」みたいな気持ちになってもらえたらいいなと思います。少しだけおばあちゃんが心配だけど、僕が今出来る事は『素敵な舞台をプレゼント』することしかないんですよね。
 
今回の日本滞在は、いろいろな経験をし、いい事も悪い事も含めてたくさんの感情を得る事が出来ました。気持ちがゆったりと冷静になれたからかもしれませんね。これから日本公演が始まり、忙しくなっても今の気持ちを忘れないようにしたいです。
広告

ラスト・トレーニング

今日は今シーズン最後の『加圧トレーニング』と『ボイストレーニング』の日でした。
 
しっかし・・・今日の加圧トレーニングはキツかったなぁ~最後には足がブルブル、ガクガクして歩けないくらいでした。そんな僕の横で前田トレーナーは「大丈夫、軽いので痛くないはずですよ~つらいだけです!はい、あと10回!」みたいな感じで応援してくれてるんだけど、心の中で僕は「そのつらさが、キツ過ぎるんだよ~」って思っています。
 
だって自分の足じゃないと思うくらいに、言うことを聞いてくれない程、疲れさせるトレーニングなんです。時には「本当に大丈夫?」って思って彼の顔をみると「フフフ・・・キツイだけです」って普通に言ってくれるので「そうそう・・・つらいだけね」って、操られていますけど・・・(笑)でもトレーニングの後はかなりの刺激が筋肉に入っているので動きやすくなるんですよ。少しでも長く舞台に立つ為ですからね。前田さん、頼りにしてますよ!!
 
その後のボイストレーニングも充実していました。発声の時点で毎回信じられないくらい汗だく・・・Tシャツがびしょ濡れになるんです。それで少し歌っただけで、頭がジンジンしてクタクタになるんです。お腹から呼吸をし、喉を楽器のように使う感覚を得る為にかなり集中しています。あまり音符を読めない僕だけど、先生につられながら何とか歌っています。

最後には感情を加えながら歌うんですけど、2時間があっという間に終わってしまいます。先生にいただいた発声のMDを聞きながらNYでの駅から家までの道を『怪しい日本人』になって練習しようと思います。新田先生と次にお会いできる時までには、少なくともアゴを上げないで高い声が出せるようになっていたいです。

家族

今日は久し振りにバレエクラスを受けました。ここのところ膝の調子が良くなかったのでクラスはお休みしてましたが・・・思っていたよりも調子は悪くないです。

午前中は実家でゆっくりしました。パピーの静香も日に日に可愛くなります。ただ・・・おばあちゃんが数週間前から『腸閉塞』で入院していて、一時は不安で仕方ない時もありましたが、みるみるうちに元気になって行っています。

先日お見舞いに行ったら、トロカデロの去年の日本公演のパンフレットを眺めていて「今ちょうど、今年も楽しみだなぁ~って見てたんだよ」って、言っていました。僕の顔を見ると「7月までには元気になって公演を観に行くからねぇ~」って、必ず言うんです。そのつど僕は「膝が痛いなんて言ってられない!!」って、病気で入院しているおばあちゃんから勇気もらっています。そして帰る時には「やっぱり人は独りでは生きては行けないんだな・・・」な~んて思い返します。

おばあちゃんは92歳です。僕と兄貴が子供の頃から母親代わりで、母が仕事で忙しかった為、いつも小学校の授業参観はおばあちゃんでした。僕がやんちゃだったせいで、野良犬に追いかけられる僕をかばって代わりに噛まれたのも、サーカスごっこのブランコを作ってくれたのも、いつもおばあちゃんでした。早く元気になって欲しいです。

 
静香もおばあちゃんがいつも座っている所で、おばあちゃんの帰りを待っています。それを察して母と兄貴がたくさん遊んであげています。そんな光景を見ていると、自慢じゃないけど「本当にいい家族だな・・・」と嬉しくなります。

タグクラウド