スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

思考の秋

今日も泳ぎました。1050メートル・・・これってすごい距離ではないのかなぁ?僕にとっては自己記録です。
 
最後には目を開けてることもきつくなって、目を閉じて時々開けて泳いでいるんですよ。始めは色々な事を考えていて、バタ足や肩の使い方の意識から始まって、バレエのアームスに照らし合わせ、踊りのこと・・・仕舞いには色々な文章が浮かんできて、それを越えた位から、ただ足を動かして腕を回して呼吸だけをして、水の中にいるだけの自分しかいなくなるんです。最後の200メートル位からは何で泳いでいるのかも考えたくない感じになります。この感覚にはかなりハマル!!僕が料理が好きなのも、なんにも考えないで、ただ野菜を切っているだけの瞬間があるからなんですよね。それと似ています。
 
泳いだ後、バレエのクラスを受けました。やはりアームスのポジションがハマリやすいです。前にジャン(NYに行ってバレエを習った先生)が「水中で動かすようにアームスを使いなさい!!」って言っていた訳がはっきり判ります。確かに気持ちよく踊れる時って、空気の中で動いてる感覚になるような気がする・・・

久々に本屋に行ってみたら、細木和子さんの何とか占いの本があり、チラッと読んだら、なんと僕は『大殺界』の真っ只中。どうりで・・・と思う反面、第三者から見た僕は落ち着きがなく、正直自分でも不安で一杯になる日もあって・・・けれど、安心感からは学べない事を、今僕は着実にゲットしているような気がする。素直に『大殺界』と思うのも、少し角度を変えて『大生界』と思うのも隣あわせで、毎日が大きく変わってくる気がする。・・・と、思うと素直が一番いいとは言いがたくなるのだが・・・まっ、いい事だけは素直に受け止めて悪いことも角度を変えて、自分にとっていいように考えていけばいいのでしょうね。

 
なんだか最近の日記、長いですね・・・しかも判り切ったことばかり並べて・・・でも、今はそんな当たり前の事を、あえて言葉や文章にしてみたいのです。遅れてやって来た『思考の秋』です。
広告

コメント先: "思考の秋" (1)

  1. なお☆ちろ の発言:

    私は 水があまり得意ではありませんが、踊っている時の感覚はわかります。私は炎天下にハードな踊りをすることがありますが 最初はキツいだけなんです。それが段々と一緒に踊ってる周りの動きとか息遣いがわかるようになって、お客様の表情もわかるようになって最後は無音の中で動いてるような…そんな感覚になります。うまく言えませんけど、1050メートル!?悟りの境地みたいな感覚ですかね(笑)ちなみに私も大殺界のまっただ中のようです。どう良く解釈したら乗り越えられるのでしょうかね(^_^;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。