スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

4月, 2009 のアーカイブ

change of the life

4月14日
おとといの日曜日は、一日中バレエの教え・・・夕方からのhirotos classは少しハードでしたね。

昨日は数週間ぶりに釣りへ・・・・。
午後からの船だったので午前中は18歳で踊りを始めた頃からの友人と会いました。
数年前に結婚し、うらやましいことにサーフィンのポイントから歩いて1分の所に家を建てちゃってました。旦那さんと2人で設計したというバリ島風の南国系の落ち着く家でした。

 
 
 

15年ほど前はNYでも見つけるのが大変なような雨漏りのひどいコンクリートの倉庫にすんでいてシャワーもなく、かなりたくましく生活をしていた時を思い出すと人の人生はどうなるか本当にわからないな・・と思いました。
彼女もダンサーで去年までばりばりヒップホップ踊っていたんですよ。今は「ずーっと一人で頑張ってきたから少し休憩!!やる時がきたらやらないといけないんだから」ってサーフィンを楽しんでいました。
旦那さんとの出逢いなど、会っていなかった時間をざーっと話、僕は港へ・・・。

またエビタイやってきました。
釣りやっている時は、竿の反応以外の何も考えていません。竿先を見つめるだけ・・。こんな時間も必要です。
釣果は4,50センチのでっかいホウボウが2匹、鯛が5匹・・・。まぁまぁですね。


帰りは通り道だったので、魚をもってバリの家に届けました。旦那さんとも話すことができました。
本当に幸せそうで僕まで嬉しくなりました。

そして今日はバレエの教えでした。一日自然の中に身をおいただけなのに、説明が下手になる・・・。
でも、生徒さんは一生懸命に踊ってくれました。

広告

romantic ballet

4月11日
昨日は朝からクラスを教え、その後は受け、またまたその後はピラティスにいきました。

いつもならへっちゃらなスケジュールなのに、なぜが腰がおかしい・・・。
あっ、もしかして一番だめだったのは家に帰ってからの2時間近くのピラティスの復習やストレッチかも・・・間違ってやると痛めますもんね。気をつけよう。

今日はチャコットで僕の「創作の振り付け」をしました。
僕は自分が踊るのはともかくとして、バレエを観るのはもちろん人に踊ってもらいたいのは「ロマンティック・バレエ」・・・。
なので、そんなイメージで作ったはずが結構ハードになっちゃったみたい(苦笑)

とりあえず、自分が忘れないうちに振り付けが終ってよかったです。

little a sense of responsibility

4月9
今日は朝、料理番組をみてそれが気になり、すぐに買い物へ。作るだけ作って出勤…。池チャンと駅で会いたわいない会話をしながら、電車に乗っている時間を楽しみました。

クラスではエバに教わった事ばかり考えていました。そしたら珍しくトントンびょうし。
ある意味僕らしくなかったかもしれませんね。

その後はエバの事を知らせてくれた聖子さんとエバを偲んで、食事をしました。

僕らはジャンやエバの最後の生徒だったのかも知れない。やらなくてはいけない事があるはずで…。
改めて、今自分におかれている課題をしっかりとやって行かなくてはと、小さな責任感がまたひとつ増えた気がしています。

romanticist

4月8日
この時期の日本は道を歩いていても電車に乗っていても町のあらゆるところで桜が見れますね。満開の桜は1年間の中でたったの数日間しか見ることができないと思うと、感慨深いです。

でもあと数日後には、花びらは散り始め緑色の新芽が顔を出し、来年への準備を始める。
きっと人生も同じなんだろう。
人も満開で居続ける事はできない。次の満開のチャンスのために時には種をまき、水をやり、肥料を与えじっと待つ…そんな繰り返しなのかもしれない。でも人間は自然ほど強くないから支え合いながらではないと花は咲かせないのかもね。

これからの季節の桜の木、個人的には一番好きかも…。
桜の花びらと新芽の薄緑が妙にマッチして見えるのは僕だけでしょうか。今年頑張った桜と来年のために準備している新芽のコラボレーション…。そんな風にみていると、もっと美しい。

そんな僕は意外とロマンチスト(笑)

 

day off

4月7日
今日は電車にも乗らず、予定も決めず、体を休めるだけの日にしました。
でも午前中、あまりにも気持ちがいい天気だったので、おばあちゃんを連れて今年最後の花見へ。(今年は何回やったのか笑)
毎年、おばあちゃんは「来年も見れるかなぁ・・」って言います。
来年も僕が連れてきます。約束しました。
 
 
その後は近所の風呂やにいき、そして夕飯を作りました。

そんな一日の最後にバット・ニュースが・・・
NY時代にとてもお世話になった先生でもあり、世界的なバレリーナだったエバ・エフドキモワが4月3日になくなったと連絡がありました。体が弱っているとは聞いてはいたものも、ショックでした。
彼女がクラスで僕に教えてくれたこと、そしてその表情ひとつひとつが蘇ってきます。
今、僕がNYにいても何もできないと思う。でも、この距離がくやしい気持ちです。

僕がバレエに興味をもった時には彼女はバレリーナとしては引退していたけれど、「今度パフォーマンスをやるの」と僕よりも20歳以上も年上の彼女が目をキラキラさせてモダンダンスにチャレンジしていた顔は本当に忘れられない。
クラスの時の見本の時だってあんなに有名なベテランが少し間違えては「ごめんなさい、ごめんなさい」って顔を赤くして少女のように言ってる姿は、本当にかわいかった。

最後にあったのはいつだろう・・・。去年NYにいってクラスを受けた時だったかな。知ってるありったけの日本語を思い出しながら一生懸命に話してた・・・。
NYにいってももう彼女はいない。僕が今を大切に生きてると同時に僕の知らないところで時間はどんどん流れていく。ただ、僕の心の中や体にはあの頃の彼女がしっかりと生きていて、言葉となり踊りとなっているんだ。

ダンサー エバ・エフドキモワに心からの感謝の気持ちと、ご冥福をお祈りします。

 

yozakura

4月5日
今日のクラスも楽しかったです。
あそこまで頑張ってもらえると、僕が知ってる限りの全てを伝えたくなってしまいます。

その後は、皆で夜桜を観にいきました。満開には近かったけど、90%な感じがとても贅沢でした。そして、バレエをきっかけに出逢った人たちと桜を見ながら冗談とかをいって大笑いしている自分がいることを幸せに思います。
似た日はあっても、もう二度とないこの日を、出会いを大切にしたいとつくづく思いました。

 

on the boat

4月4日
今日は昼過ぎから、演出家のロッキーさん達と海洋大学の船に乗せて頂き、川からの花見をしました。最近、釣りにはまっている僕は船にも興味があり、色々と聞くことができました。その後は門前仲町で60年やっている「魚三」で食事をしました。このお店は新鮮で安いことで有名で開店前から50人以上のお客がずらり…。
そんな中、息子さんのはからいで開店前から食事ができ、ゆっくりと楽しみました。

夜はたてさんの舞台を観に青山へ。
素敵でした。彼のオーラには観ているうちにどんどん引き込まれいきます。内容もシンプルで見やすかったです。

楽しい1日でした。

 

タグクラウド