スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

6月, 2010 のアーカイブ

all for me

6月29日
またまた久しぶりになってしまいました。

先々週くらいから膝が急にへそを曲げ、それじゃなくても忙しい時なのに、曲がったへそに時間を作るはめになっていました。

今までと変化する時には慣れるまでは今までの自分がなにかと文句を言うものです(笑)

・・・どこまでが限界なのかは未知ですが、やれるところまではやってみます。
でも、今後の目的のためにはなにかを削らないと、進めない時もあるとは思います。

今後の僕の課題です。もっとシビアに何が必要で何が欲しいことなのか・・・。
日々におわれ、なあなあにしていてはいけない時かもしれません。

僕がチャンスと思っていることが人には何にも響かないことかもしれないし、実際チャンスでも気づかないタイミングもあると思うから・・。

そんなことを見逃したくないから、シビアに必要なことを考えていかないと・・・って思う。誰のためでもない自分のために・・・。

広告

in the train

最近、帰りの電車で隣の人に寄りかかられる事が多いです。
大概はまっいっかぁ…と思うのですが、たまに大きい体の人が思い切り全身で…もあり、さすがと逆側に傾いてと願ながら少しずつプッシュしている時もあります。

最悪な時は隣の酔っ払った男の人が僕の膝枕で約30分寝ていた時もありました。膝を動かして起こしても繰り返し…最後は周りの人から笑われながら潔く膝を貸してあげました(笑)

こんな事を書いてる今も僕の肩で爆睡してる人がいます。
はっきり言って重い!

今日はここ2週間調子が悪かった膝が機嫌を戻しました。
調子に乗って使い過ぎないようにしなきゃ。

MEET AGAIN

6月11日
今日は一週間の中で一番働く日です。
働くと言っても嫌な事をやっているわけではないので体が健康な時は楽しいです。
朝から4クラス教えた後はかなりいけてるバールチックなスペイン料理屋にいきました。

13年ぶりの友人との再会でした。
必要としている人とは出会いもあるし再会もあるものですね。

やりたい事に向かって少しずつ…ほんの少しずつ動いでいます。

 

SIMPLE is DEEP

今日は加圧トレーニングをしてまた泳ぎ、日舞の稽古をしました。

7月に「浴衣ざらい」があるのでそろそろつめて行かないと…。なんせ今回は上級者レベルを踊るから気合いを入れなきゃ。
夜はPINA BAUSCHの作品「私と踊って」を観に行きました。

内容は一般的でしたが舞台演出は芸術的でシンプルな絵を見ているような…。
シンプルな物って奥が深いというか、奥を作らせてくれますね。

…ってな感じで充実した1日でした。

COMING SOON

今日は日舞の稽古をし、またまた大熊さんの所に治療へ…。

わずかに残された半月板が引っかかっていたようで膝が伸ばせなくなっていました(激痛)

でもさすが大熊さん…。帰る頃には膝も伸ばせ力も入る状態まで戻してくれました。

今週いっぱいは慎重に動かさないと。

膝も軽くなりホッとして治療院をでると、フェルナンド(トロカデロダンサー)とばったり会い、道で立ち話…。

彼は僕の入団が決まり、カンパニーとの契約の時に立ち会ってくれ、メイク道具やカツラを買いにいくのに付き合ってくれた人でした。

そんな彼とNYの地下鉄で会うように新宿の街角で再会し…。

忘れてはいけない事かのように彼らを思い出しています。
…と同時に彼も一瞬、必死に舞台に立っていた日本人がいた事を思い出してくれたかもしれません。

彼らのハードな日本公演が始まるんですね。
僕も頑張らないと…。課題は山ほどあるんだもん。
トロカデロの日本公演の成功を陰ながら祈っています。

FROM NOW ON

今週も先週のスケジュールとほぼ変わりなく、バレエを教えて、日舞を教わり、今日も四家先生のポアントクラスを受けました。

本番の舞台をやりながらポアントワークを覚えてきた僕にとっては、言葉でのアプローチはかなり新鮮で毎回「なるほど…」と勉強になります。

教えの後は、久しぶりにトロカデロの日本公演でお世話になった照明の方と会い昔話ではないこれからの話をし、楽しい時間を過ごしました。

そんな時間を過ごしていると今までではなく、これからに向かって生きている自分と会えます。

1日の中で一時間でもいい…そう思える時間を作り大切にしていきたい。…と心からそう思った。

BODY CARE DAY

今日は加圧トレーニングの後、久しぶりに泳ぎました。
先週、少々教え過ぎたようで膝の調子が良くなく…。
僕は肩や膝の動きが悪い時は水泳をするようにしています。

昼過ぎのプールには年配の女性が多く、彼女達は親切にも僕に正しい泳ぎ方を教えてくれました(笑)
得した気分。

その後はスポーツマッサージへ…。担当の大熊さんは僕を15年間診てくれています。

「この膝、そろそろ限界ですかね~」ときくと「求めてる人がいるんだから、まだまだ踊れるよ」って。

そう、限界はいつも自分が決めてしまう。確かに僕が今からプロ野球選手になるようなレベルの無理な事はあると思う。
でも自分がやりたいと思った事位は納得がいくまでやり続けるべきだよな…。
壁にぶち当たっても探し続ければ道は開けるものだもん。

そっ、後には引く道ないんだ。前へ進む道以外はないのだから。

タグクラウド