スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

how to learn

11月16日

僕ははきっりいって、「先生」と呼ばれる立場の人間ではない。

人に何かを教えることが苦手だからだ。

そんな僕が5年間、バレエを教えてこられたのは大人からバレエを始め、プロになれたという奇跡的な経験ができ、

そんな僕からバレエを学びたいと、日々頑張っている前向きな生徒さん達との出会いがあったからだと思う。

僕はバレエを教えているけれど、実は教わり方を含め人として沢山の事を学んでいる。

子供の進歩が早く、大人は覚えが悪いと言われてしまうのは、大人はやるべき事が多いだけなのではないだろうか、、、。

社会的責任がある中で、大人が本気になった時、、、レッスンの時間だけでも他にないほどの集中力さえあれば、その進歩は子供よりも早いのでは、、、?!

逆に言うと責任がどこにもない子供が、その時間さえ集中できないなら難しい、、、。

だから僕は、大人だからとか子供だからとかは全く関係なく。頑張っている人と関わっていたい。

そんな時間からは夢が生まれ、奇跡が起こる事を知っている。

そして、本気で頑張っている人にはリアルな言葉しか通用しない。心に響かない。

だから僕も、追い続けていないと伝える方法がわからなくなる。

踊りたいから伝えられる。伝えたい事があるから踊れる、、、もっというと踊りたいから、踊りたい人の気持ちがわかる。

だから円のようにエナジーが止まらない。

嘘のないこのサーキュレーション、最近とても気に入っている。

、、、以上までを書いていたら、たった今FBを通して心に響く言葉が飛び込んできた。

「平凡な教師は言って聞かせる、

良い教師は説明をする、

優秀な教師はやってみせる

しかし、最高の教師は子供の心に火をつける」

、、、だって。

言って聞かせられない、上手く説明ができない、最近はやって見せれない、、、では今の僕は最高の先生、そして生徒になるしかない。自分にしかできない表現をみつけるために。

広告

コメント先: "how to learn" (1)

  1. 先生のクラスを受けさせていただいている者です。
    私にとって、先生は最高の師です。先生のクラスを受けるうちに、そしてこのブログを拝見するうちに、先生の生き方そのものに感化され、私も新たな道を歩みはじめました。そのおかげ(?)で、以前より様々な面で制約が増え、先生のレッスンを思うように受けられない現状はとても残念ですが、先生のバレエに対する姿勢、生きるということに対する正直な気持ちと態度、実現していくすさまじいご努力、そしてそれを裏付けるような熱心なレッスンのお姿に、まさに火をつけていただきました。
    私も先生のように、遅咲きでありながらも自分が決めた一つの分野を極められるように頑張ります。
    長々と失礼いたしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。