スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

matinee is sold out!!

hiroto’s show vol4の本番まで、一ヶ月をきりました。 お陰さまでマチネ(昼の部)のチケットは完売致しました。ありがとうございました。 ソワレ(18:00開演)はまだありますので、是非、お越し下さいませ!!

個人的にこの2週間は、諏訪のパフォーマンスと重なり、めまぐるしい日々でしたが、諏訪での本番も 大成功に終わり、いよいよヒロトズショーのラストスパートにはいりました。

ここ数日間、朝や夜中にソロのナンバーの練習をしています。もはや表面的な踊りを観せる・・・というよりも もっと奥深くの想いを自分の中でクリアにし、それを観て頂けたら・・・。 今回の僕の舞台人としての課題は本当に難しいです。でも、やっとこの課題まで辿り着けたということが とても嬉しい。ここから先に始まる事が多いと思うのです。

今日はようやく全体が見えて来たので、 hiroto’s  show vol4『THE NEXT DOORー奇跡への扉ー』の見所を簡単に説明したいと思います。

第一幕では「ジゼル」の二幕をやります。主役の美しさとコールドのウィリー達の一生懸命さやキャラクターがとても キュートです。ヒラリオンに抜擢したのは高校生ですが、踊り心全開で踊りまくります!!またミルタも踊りまくりますが めっちゃチャーミングなキャラに仕上げてくれました。 「ジゼル」というと少し暗い演目のイメージがありますが、ヒロトズショーのジゼルは声をだして笑える場面もあります。 ジゼルの美しさとソリストダンサーのテクニック、そしてキュートなウィリー達に和まされながら観て頂けたら嬉しいです。

第二幕は僕のソロ『back stageーあるダンサーの物語ー』 『舞台が終わり、トゥシューズを脱ぎ、メイクをとりかつらをとれば、そこには舞台上での華やかさとは打って変わった 男が現れる・・・彼はもうけっして若くはない・・・ どんな時も一緒に踊ってきたトゥシューズ。でも自分を制約するトゥシューズ。 捨ててしまおうか・・・と思うけれど出来ない。色々な想いが交錯する。 「どうか神様、僕を踊らせて!!」願い駆け上がり、手を伸ばすけれど、あとちょっとが届かない。 何度も過去を思い出しては、現実に引き戻される。 ・・・それでも「僕は踊りたいんだ!!」 現実を受け入れ、次の表現の世界へと向かって行く男とトゥシューズ・・・。』 この作品は前回もやらせてもらいましたが、今回は練習すればするほど、見えてくる事ばかりで 毎日がときめいています。いい作品に仕上げたいです。

そして、ベテランダンサーと小学生のコラボ「ヴィヴァンデール」・・・ この作品は、知る人ぞ知る的なオールドスタイルの古き良き時代のバレエですが、とても気に入っています。 とても和みます!!微笑みながら観て頂けると思います。 また、ベテランバレリーナと小学生のパドドゥも必見です。

フィナーレ前は「瀕死の白鳥」・・・。定番と思われがちですが、今回のは今までの作品とは 全く違います。 一羽のボロボロの瀕死の白鳥が、白鳥達に一瞬の命を吹き入れてもらい、生き返り、、、、あとはお楽しみです。 僕がコンテを踊ります。

最後はフィナーレ・・・「ハワイアンダンス」です。踊っていても観ていても幸せな気持ちになると 思います!! ・・・・ってな感じで、笑いあり涙ありで盛りだくさんです。 盛りだくさんと言えば、もうひとつ・・・。 パンフレット!!これも本当にいい感じに仕上がりつつあります。 我慢できないので14ページの中のほんの2ページだけ見せちゃいます(笑)IMG_2236 IMG_2252 4月26日(日)北沢タウンホールにて。 17:30会場/18:00開演 全席自由4700円 チケット予約/お問い合わせ info@n-balletarts.com  03-6450-8611

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。