スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

神話の旅へ

10月の鴻神社での奉納ショー以来、たまらなく神社に行きたいのです。

 

先週は3日間の島根の旅へ。

神社巡りにいきました。

・・・っていうのも、ある本を探しに本屋へ行ったものの、お目当ての本は売り切れで

ブラ〜っとしていたら、「古事記」の本と出会ってしまった。

先日開催した「神社奉納ショー」を拡大して創ろうと思っていたので、読みあさりました。

そして次の日には、「スサノオ」巡りしよう!!と決め、飛行機やホテルを探し・・・。

丁度、年に一回の「神迎祭」と「神在祭」が重なり、行きの飛行機は取れず、、、。リハーサルが終わってからの、まさかの夜行バスで米子へ。

まずは早朝の「三保神社」へ、、、タイミングよくお神楽まで観れてラッキー!!

次に「佐太神社」へ。

シンプルで無機質な雰囲気でしたが、よくみるとその裏には急な山道があり、恐る恐る登ってみると「アマテラス」が祀られていました。

その後、バスと電車を乗り継いで出雲大社へ。

「神迎祭」です!!三年前も思いつきで行ったのですが、雨が降っていて稲佐の浜からの

お迎えは初めて。マジで神々しかった〜!!な〜んか頭が空っぽになりました。

IMG_1882

そんでそんで月がね、半月なのに雲や光の影響かわかんないけど、満月に見えたんだ。鳥肌たった・・・。

IMG_2054

翌日は朝風呂にはいって「ちょ〜気持ちいい〜」からの

八重垣神社からのスタート。スサノオの奥さんのイナダヒメが鏡に使ってたと言われてる池に

紙を落とし文字が浮き上がってくる縁占いをやってみた〜。

池の両側 に紙が流れて行く・・・早く沈むと早く叶い、流れず止まっていると近くの人と縁があるらしい。

僕のは落とした場所から、全然動かず、あっと言う間に沈みました。

浮き出た言葉は「大吉の縁となる人、東と北」でした。

今、関わっている人や今日出会った人を大切にしようと思います。

八重垣神社から野を越え、歩く歩く、、、

股関節が痛くて歩けなかった3年間があるお陰で、こんな時間もいちいち幸せを感じる。

40分歩いて辿り着いたのは「神魂(かもす)神社」。

違う世界に行く様な・・・入るのに覚悟がいるような・・・

それにしても空気が美味かった〜!!

IMG_1993

お次ぎは「須我神社」の奥宮へ・・・。

IMG_2039

軽い登山でした。足がパツンパツン、息ゼイゼイ。山道少し危険。

やっと辿り着いた鳥居から、更に急な坂道を登る・・・

・・・で、辿り着いた「夫婦岩」

スサノオが「よく来たな〜」と言ってくれた気がしました。

この日の最後は出雲大社の「神在祭」へ。

夜空を見上げたら、天の川の様な雲が流れていて思わず「龍だ・・・」と言ってしまった。

写真には収まらなかった・・・。

最後の日は早朝の出雲大社へ、、、この日しかない 社が出来てた。やっぱり昨夜のあれはこれだったんだ、と納得。

IMG_2061

 

 

からの・・・バスで山を越え、景色は昔話の世界。

いよいよ「須佐神社」へ。

IMG_2098

霧雨の神社、たまらなくいい!!

道を渡るとまたまた「アマテラス」が祀ってある神社が。

IMG_2095

バスの時間まで須佐温泉に入り、空港へ。

そして東京に戻りその足で「黒斎の『泰三と話しタイゾー!」と言うトークイベントへ。

白石泰三さんは9ヶ月前に大きな事故にあい数日間危篤・・・からの生還し、驚くスピードで

回復している作家さんです。代表作の「電波妻」面白かった。生還後の「決断行動もできなかったぼくに伝えたい話」が更にパワーアップしていて、読みやすくて、なんか泣けた。

ってな感じで、もの凄く濃い3日間でした。

なんとなく伝わりましたか?

相変わらず、説明が下手ですねぇ・・・。ま、いっか、どんなに上手い説明しても伝わらない人には伝わらないもんね。

来年の神社奉納ショーも楽しみにしていてくださいね!!!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。