スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

11月, 2018 のアーカイブ

お山の大将

今朝は、先日亡くなった「夜の帝王」こと愛田社長の奥様、大ママのお葬式でした。

愛田社長のお葬式の翌日に亡くなったそうです。

ご冥福をお祈りします。

しかし、すごい絆だったんだなぁ、、、

とむしろ羨ましいと思ってしまう。

娘さんのマリママが「ヒロト君がきてくれたよー、良かったねー」なーんて言った日には泣いてしまいましたが、火葬している間に、マリママが「ヒロト君と言えば飲むといっつも喧嘩してて、ある時、止めに行ったら

ヤクザの服が既にボロボロになってて、手遅れだった事があったー」と言って大笑いしてました。

「コイツはほんとに手がつけられなかったよねー」なーんて皆んなに言われて。

僕はというと、、、色んなことを次から次へと忘れるくらいに人生の場面がポンポン変わっていて、、、

自分でもそんな自分だったことすら想像出来ない感じなのです。

それほど僕は何故か生き急いでいた気がします。

さっさとやる事をやって早く生まれ変わりたかったのかもしれません。

、、、でも神様は僕がどんなトライをしても生かしてくれている。と気づいた時に懐かしさを感じるような出会いがあったりして、今は日々を大切に生きてます。

その1人が白石泰三さんです。

先日の奉納ショーの脚本家で本業は作家です。

あえて意識をしているわけではないのに、僕にとって彼の言葉はスムーズに入ってくる。なんの迷いもなく。数回しか会ってもいないのに、、、。

そんな泰三さんは1年半前に交通事故で死にかけています。死んでしまってもおかしくないレベルの事故です。

なのに、生還してくれた、、、奇跡。その一部始終はこの本に描かれています。

そして、今ではご飯を食べたり、舞台作りの話をしたりと、、こんな日が来るとは思ってもいなかった。

全ては貴重な時間なんだなぁ、、

と改めて思います。

その泰三さんの奥様の野引さんにカウンセリングをして頂きました。

今回のショーの成功のためや、気持ち良くこのショーに関わってもらいたい!って思いで、自分の気持ちがわからなくなってしまっていたようです。なんか、ほんの少しモヤモヤしていて、、、。そんな小さな自分の気持ちを邪気にしない!って50歳になった時に決めた事でした。

でも、頭でっかちに理想的な大らかな主催者や演出家になろうとして、またガマンしようと、、。悪い癖が。そんなの思いやりでも愛でもないのに。

もうね、理想とかないんだった。

好きな人達と僕が楽しいと思える時間、夢を共有して実現させて生きていくことにしたんだった。

だって、僕はお山の大将ですもん。小さな小さなお山から、8年続けてきただけで、ここまで膨れ上がった事実を受け入れよう‼️と。

そしてエベレスト並みのお山にしてみようと。

野引さんとお話ししていて、あっという間に

単純な僕は幸せになるのでした。

人の心配より、自分をみつめよう。実はどこにも心配なんてなかったりするよねーー笑

スッキリしたところで、先日の奉納ショーの主役をやった金田あゆ子さんの写真をアップしたいと思います。

今回は清姫、アマノウズメからの、ダークサイドにおちた蛇使いまで、、、何役もこなしてくれました。

バレエやコンテ、ジャンルを超えた素晴らしいダンサーです。

今後の彼女の活躍が楽しみです‼️

広告

楽しみを増やす方法

お陰様で、NYプレ公演「天照道成舞降ーあまてらすのみちなるまいのくだりー」も大盛況の中、幕が降りました。

当日は600人以上の方々にお越しいただきました。

遠い所足を運んで頂いたお客様、出演者スタッフの皆さん、そして、今回快く大切なお寺勝願寺を提供してくれた副住職のしげちゃんこと藤田茂正くんに心から感謝申し上げます。

みんな、桃のポーズが気に入ったよう、、笑

境内の廊下でバーをやってるバレリーナ達。

本番の写真はまたゆっくりアップしますね。

しげちゃんとは、幼稚園からの幼なじみで、

勝願寺でよく遊びました。またこうして、40年という時を超えてしげちゃんと遊ぶように大道具のセッティングや後片付けを

楽しみました。遊び方はだいぶ変わったけどね〜〜。気持ちはおんなじで、、、

沢山、手伝ってくれたしげちゃん、ありがとね。

本当に素晴らしい再会でした。

そんな想いとは裏腹に、関わってもらっているメンバーに、僕の言葉足らずで迷惑をかけてしまったり、傷つけてしまったり、、、という反省点もありました。

今までだったら、くよくよ数週間、落ちている所ですが、今回は自分がこの問題から何を学べるのか?起きてしまった問題をどうしたら、好転できるのか?

と考えるいいチャンスにもなりました。

自分に起こる事は、全て自分のためにあることだということを実感しました。

自分の成長に驚いた〜。

当日、観に来ていただいた方々や、出演者、スタッフの方々の笑顔をみて、やって良かったー!と改めて思い、そしてNY公演までの

道のりを更に楽しむ覚悟ができました。

4月27日、和光サンアゼリア大ホールにて舞台化が、決定しました。

今回、観にこれなかった方も観に来ていただいた方も是非、舞台バージョンも楽しみにしていてくださいね。

そして、昨日は文科省主催のイベントで

渋谷ヒカリエへ。

「生きずらさ」、、、を思い出す方が大変。

そこにフォーカスをおくよりも「生きやすさ」を見つめて生きたいと改めて思いました。それを伝えて行ければいいな、、、と。

踊ってからのトークショー

話してる間に、イラスト化されていく、、

僕のトークのイラストはこんな感じ、、、色んな表現者たち。

髪の毛が、多くて嬉しい。

トークショーはやる度に楽しくなっていきます。

今後も舞台のプロデュース、演出、出演と共に、興味あることにトライしていきますので

よろしくお願い致します‼️

今日は久しぶりのオフ。

勿論、土いじりです。冬野菜たちが育ってきました。

時代をつなぐ人

今日も笑ったり、泣いたり、笑ったり、、、

盛りだくさんでした。

桃の精のリハーサルからの、、、

18歳の時からお世話になったホストの帝王のお通夜。

昔、開ける度にカキーン‼️って音がするデュポンのライターをくれたカッコよかったおじさんから、金無垢のブレスをくれたチョーきれいだったおばさん、アイドルのような現役ホストまで、、、

まぁ華やかで、

何十年間の時代をしっかりと繋げていた方だったんだなぁ、、、と改めて尊敬しました。

お花とシャンパン塔に囲まれて、綺麗な顔で幸せそうでした。

あのバブルの時代から今の時代まで先読みしていたのかは知りませんが、信じた自分にまっすぐな人でした。

そんな人は今の僕が会いたい人とちゃんと会わせてくれる、繋いでくれる。

初めて男の格好で働かせてくれた愛田社長の娘さんのマリママとも再会。

当時のただの悪ガキだった僕に光をくれた人です。

その後は先輩、後輩と語りあいました。

社長、素晴らしい経験と素敵な再会を、そして可愛がってくれてありがとうございました。

心からご冥福をお祈り致します。

p.s.

すっごく遠回りしちゃったけど、本来の自分にどんどん戻っていきます。ありがとうございます。

出会いと別れ

ここ数日も色々なことがありました。

先日は母校である鴻巣中学校での踊る講演会でした。

全校生徒、教職員、保護者の方々、、、約600人の前でお話ししました。

今までで1番、過緊張することなく楽しめました。

最後には生徒さん達から、お花と合唱のプレゼント、、、。

600人からの想いを受け止めて、思わずポロリ、、、聴いているうちに、38年前のあの日、あの時から、今までが走馬灯のように蘇り、ただ母校に帰ってきただけなのに、「ここまで辿り着いたんだ、、、」と思い胸がいっぱいになって最後は号泣、、、。拭いても拭いても涙が溢れて止まらなかった。

校長室に戻るとまたまたサプライズが、、

体操部の顧問だった吉田先生が面会に。

中学時代、僕が器械体操の個人の部で関東大会に行くことになった時、毎晩、部活がおわってから別の体育館へ移動してマンツーマンで練習に付き合ってくれた先生。

心が支えられました。

鴻巣中の皆さん、ありがとうございました‼️

そして、昨日は今回の奉納ショーでの脚本を書いて頂いた白石泰三さんの出版記念トークライブへ。

「パラレルワールドで待ち合わせ」が出版されるまでの出来事を語られていました。

本来なら知ることの出来ない裏側や、道のりをのぞけて、、、そして会いたい!と思っていた方々ともお会いでき、嬉しかったー‼️

素敵な時間をありがとうございました。

悲しいニュースもありました、

僕が18歳の時、初めてのショーパブでお世話になったホスト界の帝王 愛田武社長が亡くなりました。

愛田社長は新人時代に、お客様から名前を覚えてもらうために、どの席に座っても、冷たいビールではなくビールのお湯割りをのんでいたと言う有名な話があり、初めてお会いした時に「ビールのお湯割りちょうだい」って生で聞いて感動したのを覚えています。

明日、お別れにいきます。

別れはいつでも寂しい。でもしっかりと関われた時間はちゃんと心に残っています。

ご冥福をお祈り致します。

タグクラウド