スタジオサイトはこちら http://n-balletarts.com

「Dialy」カテゴリーのアーカイブ

a X’mas week

みなさんに、とってどんなクリスマスでしたか?

僕はイブの日は、朝バレエを受け、ジャズクラスにいき、教会でのミサに初参加しました。

ジャズでは振り付けがラストだったので、数日前から本番のように気合いをいれて、音をきき・・・(笑)

でも、やっぱり落ち着いて感じながら踊るところまではたどり着かなかったけど、

最近の中では一番気持ちよく踊れましたぁ。

家で音を聞きながら思いました。先生はこんな風に音を聞きながら、何日かけて振り付けを考えているんだろう・・・。すごいな。だからクラスの振りもちゃんと覚えて、表現する所までつかまなくちゃもったいない!!

まさしく本番が終わったように頭が空っぽになり、ミサにいったら、具合が悪くなってしまい・・・即帰宅(笑)

25日は朝から「八子道場」で体を伸ばし、その後クラスの教え・・・体がスムーズに動きました。踊る前にあれだけ伸ばしておくとはやり楽です。

そして夜は観ないと年末を感じれなくなっている「コンボイ・ディナーショー」へ。

今回は3時間、踊りまくり、歌いまくり・・・僕よりも年上の方々の動きに圧倒されまくり、自分の甘さがよーくわかり、来年の課題がますます大きくなりました。

この数年間、毎年観させていただいているコンボイ・ショーですが、年に一度観ると

また、来年から頑張ろうと毎回思います。

・・・もうすぐ今年も終わりですね。日々を大切に過ごしたいです。

皆さんも、よい年末を過ごしてくださいね。

hirotologo

wha’t your lucy

最近、やりたい事や、行きたい所や、観たい現場が多過ぎて時間が足りなーい!

今、やっとそんな数日を思い起こし考えています。
忙しい毎日をただただこなす様に過ごさないために。

この一週間は子供達の学芸会から、ゴンボイのリハ、JUNさんの本番・・・を見させて頂きました。

子供達の学芸会の振り付けの時の彼らの勘のさわり方、ねずみさんを始め、ゴンボイショーに携わる表、裏の方々の真剣な時間、ダンサーJUNだけではなく、ジャンルを飛び越えた舞台人のJUNさんを観れた事・・・

この一週間は、本当に勘に触りまくりました。

自分一人が満足するのも有り!
また、観ている人の気持ちを考えながら創るのも有り!

なんでも有り!

ただ、そこに迷いがないのなら。

そこに気付けた自分が1番ラッキー!と思いました。

hirotologo

try again!!

今日は、来年6月に予定していたパフォーマンスのシアター抽選会でした。

半年前から始まる抽選で、やっと今日が半年前で・・・。数ヶ月前から今日を待っていたのに、希望日がとれず・・・。

一瞬、がっくりきましたが、もっと他にやるべき時や場所があるのかも・・・と思い直し、

明日からキャンセル状況をチェックしながら来月の抽選日を待つ事にします。

そう、一番いいところに収まる事を信じて!!

今朝は悲しいニュースもありましたね。

歌舞伎役者の中村勘三郎さんが死去され、驚きました。

友人もブログに書いていましたが、

「また、復帰され当たり前のように舞台で観れるものだと思っていた」

まさしく、僕もそう思っていました。

本当に当たり前の事はなにもない。

後悔しない為に、今、できることを精一杯やらないと・・・と思います。

今日は僕にとって、抽選で当たって大喜びする日ではなかったのかもしれません。

中村勘三郎さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

hirotologo

back to tokyo

無事に東京に戻りました。

今年の熊本WSも、楽しい時間を過ごせました。

節子さんをはじめ、生徒の皆さん、のり君ファミリー、、、ありがとうございました。

毎年、子供達の成長には驚かされますが、こんな風に並べてみたら、改めて7年という月日を感じます。

121130-1 121130-2

あんなに小さかったレナちゃんが今ではこんなに大きくなりました。

時間の流れを感じます。

僕もおじさんになる訳だ、、、笑

明日からまた今の課題に向かって頑張ります!!

to kumamoto

生徒のみなさん、今日から木曜日まで熊本に出張のやめ、東京での僕のクラスはお休みします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします

また、金曜日の1:10からの渋谷チャコット、19:00からと20:30からの池袋チャコットでお待ちしています。

これから、熊本へ出発です。

もう7年も続けさせていただいている年に一度のワークショップです。

7年も続けていると、小学校1年生だった子供が中学生、、、。

中学生だった子供が就職してたりと、子供の成長の早さに毎回驚かされます。

主宰者の節子さんのすごい所は、そんな子供の多感な時期にでもやめさせず、バレエを続けさせている、、、。

そして毎年毎年、新しいちび助達がバレエを楽しんでいる、、、。

もちろん大人の生徒さんも年々確実に上手くなっている。

節子さんをはじめ、彼女達の1年間の過ごし方がはっきりとわかります。

もうすぐ、1年ぶりに会えます。

hirotologo

coming chance season

寒くなってきましたね。

少々遅めですが、今朝ラディッシュを収穫しました。

昨日は、トレーニングをみっちりやってもらった後、またまたポチ(八子真寿美さん)のジャズへ。

前回もらったアドバイスに、かなり気をつけてアップからトライ。
動きやすくなってきたのを実感。

クラス後、新しいアドバイスをもらい次回からまたそれも考えながら、、、。新しい動きへの志しには、少し勇気がいるけれど、数ヶ月前の「もう、おどれなくなるのでは…」と思っていた恐怖感を考えると、今更失うものはなにもない的な気持ちです。

そういう環境に僕は強いタイプで、いいも悪いも僕は正直者?なので、本当の意味で崖っぷちに立たされないと、わからない。

毎回毎回、もっと早くわかっていたら…と頭ではわかっているけど、やはり実感ほど強いものはないですね。

だから、こんな時期はある意味、僕にとってはチャンスです。

今は思うように動けない自分に悔しい気持ちもありますが、そんな思いも含め「身体で表現」することを楽しんでいます。

mother’s BD

今日も、ポチ(八子真寿美さん)のジャズを受けました。

振り付けが少しはいってきたので、所々、考えながら動けました。

ほんの8カウントだけでもスムーズに動けるだけで、嬉しくなる。今までの動きとは違う感覚。

思い切って、気持ちをゼロに戻せて良かった!!

きっと、今まで踊ったバレエ以外の振りを、今やったら少し違うと思う

最近は、今更、、、と思うような事でも、何でも質問をしてしまう。

なんとなくとか、きっと、、、で、動く時間がもったいないから。

最近は、少しだけ慣れてきたせいか彼女のクラス中の説明の意味や、アドバイスを落ち着いて聞けるようになってきた。

そう、今日は途切れないで(全部ではない笑)で踊れたせいか終わった後、足がガクガク、、、。

正直、数ヶ月前まで膝や股関節が痛くて、もう2度とこんな風には踊れない、、、と思っていたから、あのガクガク感は

ちょー嬉しい疲れ。

、、、そんな訳で、僕の心についた火は淡々と燃え続けています。

そして、その後は母と待ち合わせ。

「田舎では食べられないものが食べたい」とのリクエストにお応えして

モンスーンカフェでベトナム料理を食べて、こんなときでもない限りいけない千疋屋でケーキとパフェ、、、

当たり前だけど、この日がなかったら僕ら兄弟は産まれてなかったんだな。

「お母さん、誕生日おめでとう!!これからもストロングでいてね。」

改めてそう思う。

how to learn

11月16日

僕ははきっりいって、「先生」と呼ばれる立場の人間ではない。

人に何かを教えることが苦手だからだ。

そんな僕が5年間、バレエを教えてこられたのは大人からバレエを始め、プロになれたという奇跡的な経験ができ、

そんな僕からバレエを学びたいと、日々頑張っている前向きな生徒さん達との出会いがあったからだと思う。

僕はバレエを教えているけれど、実は教わり方を含め人として沢山の事を学んでいる。

子供の進歩が早く、大人は覚えが悪いと言われてしまうのは、大人はやるべき事が多いだけなのではないだろうか、、、。

社会的責任がある中で、大人が本気になった時、、、レッスンの時間だけでも他にないほどの集中力さえあれば、その進歩は子供よりも早いのでは、、、?!

逆に言うと責任がどこにもない子供が、その時間さえ集中できないなら難しい、、、。

だから僕は、大人だからとか子供だからとかは全く関係なく。頑張っている人と関わっていたい。

そんな時間からは夢が生まれ、奇跡が起こる事を知っている。

そして、本気で頑張っている人にはリアルな言葉しか通用しない。心に響かない。

だから僕も、追い続けていないと伝える方法がわからなくなる。

踊りたいから伝えられる。伝えたい事があるから踊れる、、、もっというと踊りたいから、踊りたい人の気持ちがわかる。

だから円のようにエナジーが止まらない。

嘘のないこのサーキュレーション、最近とても気に入っている。

、、、以上までを書いていたら、たった今FBを通して心に響く言葉が飛び込んできた。

「平凡な教師は言って聞かせる、

良い教師は説明をする、

優秀な教師はやってみせる

しかし、最高の教師は子供の心に火をつける」

、、、だって。

言って聞かせられない、上手く説明ができない、最近はやって見せれない、、、では今の僕は最高の先生、そして生徒になるしかない。自分にしかできない表現をみつけるために。

growing up

一ヶ月ほど前に蒔いたカブの種が、こんなに成長した。


小さかったブロッコリーの苗も今では、こんなに大きくなった。

毎日、朝晩彼らをながめては、待ち遠しく思ったり、育てるという心のゆとりを感じる。

30代のほとんどを、海外でのツアー生活で過ごした僕にとって、今は地に根をはるように、自分の心の軸をしっかりさせたい。その根が強ければ、上に外にあらゆる方向へと向かえるのではと、40代でやるべきことを見つめる時だと思います。

出来上がった、成長したものをキープすることのストイックさや凄さもあるけれど、自分の蒔いた種が、小さな芽を出し、少しずつ成長する姿を見ることは、今の僕のやりたいことで、やるべきことで、それが1番好きなことなのでは…とさえ最近思います。
だから、上手く踊れないジャズさえ楽しくて仕方がないのです。

勿論、最低限のキープは必要。…バランスが大事ですね。

親になった僕、自分の作品に本気で取り組んでくれる仲間が増え始めた僕、バレエだけではないあらゆるニュージャンルにトライしている僕、カモミールティーが美味しいと思えてる僕、、。

全てが、やっと芽を出し始め、これからが大事なんだと思います。

種を撒き散らすのは簡単だけど、問題はそれからの過程。そんなゴールのみえない道のりを、調子のいい時も悪い時も、楽しんで生きたい。

今の自分と周りの人達を大切したいと思います。

step by step

最近、ポチ(八子真寿美さん)のジャズダンスにはまっています。

前からたまに行っては、忙しくなったり膝の状態が悪くなったりで、、、。

でも今回は、進歩できそうな予感がするんです。
前よりも身体はきかなくなりましたが、だからこそ落ち着いて考えながら、動く努力ができるのかもしれません。

バレエもそうですが、見ているのと自分がやってみるのでは、目の錯覚的な動きがあり、ずっと何がどう違うのかな…と思っていた問題が、少しずつクリアになってきました。

ただ、その動きはバレエの体の使い方に慣れ親しんでいる僕にとっては、苦手…というか、意識したのが初めてな感じ。

今までたまにジャズとかやってたのに、今頃ようやく少しだけわかりました。あとは意識して実践しながら、身体に馴染ませなきゃ。

あーっ、ワクワクするよ。

自分らしく、僕にしかできない表現を探す、長い長い道のりのやっと一歩だけ飛び出せたような心境です。

そんな気持ちになれたのも、ポチ(八子真寿美さん)のおかげです。

感謝‼

タグクラウド